スピーディーな現代社会をサポートする自動申請清算システム「MFクラウド経費」をご存知ですか?ハイテク化が前進しつつある世の中で、清算の手入力を省いてくれる画期的な「MFクラウド経費」が話題になっていますが、実際使用している方の評判が気になりますよね?

「MFクラウド経費」は専用アプリ一つで出費申請から銀行振込まで全て自動で行ってくれるです。「MFクラウド経費」には「チーム」「コーポレート」「エンタープライズ」の3つのプランが利用でき、それぞれ月額500円、700円、900円となっています。「エンタープライズ」プランではサービス機能に制限がないのが魅力です。

重なる領収書をスマホのショットだけで完了でき、様々なカード会社や金融機関との連携も万全です。面倒な確定申告もスムーズになったと評判ですが、一度仮払いした金額の誤差が表示されなかったり、駅ルートの変更不可などのデメリットもあります。

経理課
「MFクラウド経費」なら普段の経理が何倍もスピーディーできるわね。大量のレシート申請やカード支払い明細保存が自動にできるからミスも少ないわ。出張や営業でも領収書を持ち歩く必要がなくて便利だけれど、実際使った方の評判はどうなのか知りたいわ!
専門家
私がこれから「MFクラウド経費」を利用したいと思っている企業の方に、メリットやデメリットを含めた詳しい情報をお伝えします。効率良い清算システム「  MFクラウド経費」を駆使するためにも必見です!

「MFクラウド経費」の基本情報

時短経理管理をしてくれる「MFクラウド経費」は、法人から個人まで高い評判を受けています。まずは「MFクラウド経費」の基本情報を表でチェックしましょう。

料金
  • チーム…1ユーザー500円/月
  • コーポレート…1ユーザー700円/月
  • エンタープライズ…1ユーザー900円/月
サービス内容
  • 領収書の自動入力
  • カード明細管理
  • ICカード履歴管理
  • オペレーター入力
  • ガソリン清算
  • 金融機関との連携
  • 銀行振込

など

機能
  • 電子帳簿管理
  • タイムスタンプ
  • 領収書のOCR&オペレーター入力
  • 請求書管理
  • ワークフロー
導入会社 株式会社マネーフォワード(東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F)

「MFクラウド経費」の3つの特徴

パソコンや帳簿の記入の手間が省ける「MFクラウド経費」の3つの特徴を紹介します。

特徴① 領収書の申請がスマホ撮影で完了

OCRで領収書をデータ読み込み

「MFクラウド経費」専用のアプリで領収書をスマホで撮影するだけで、すぐに金額や支払先、日付を登録することができます。毎日溜まっていく領収書を一つ一つ手入力する手間がなく、一気に申請が完了します。

申請登録はOCRを通して機械で読み込むので、安心した操作ができます。もし多数のアイテムを購入したり、領収書を撮影をして登録に不安を感じたら、オペレーター(エンタープライズ無制限)を通して確認してもらうことも可能です。

「MFクラウド経費」では申請された領収書の帳簿登録やデータ管理もできるので、いつでも支出の履歴を閲覧することも可能です。確認事項がある時も、財布やポケットを探る必要もなく、スマートにチェックすることができます。

領収書の自動入力はレジでしっかりプリントされたレシートのみが有効です。またパソコンからでも画像をアップロードすれば同様に申請ができます。

特徴② 多数のカード会社や金融機関と連携

銀行連携システム

カード支払いが普及している中、現金をあまり使わなくなった方も多いのではないでしょうか。「MFクラウド経費」はクレジットカードや銀行や郵便局などの金融機関と連携しています。

クレジットカードで買い物や交通機関を利用すれば、すぐさま明細を記録してくれます。また口座支払いもしっかり表示されるので、旅行や出張で忙しい時でも漏れなく申請することができます。

口座やクレジットカードの紐付け申請は、レシート撮影が必要となる現金払いよりも手間が省け、確実に記録されるので安心です。

高価な支出や大量のレシートが重なりそうな時でもオペレーターの必要もなく安全な申請ができるメリットもあります。特にオペレーター利用ごとに20円支払うチームとコーポレートユーザーには特権です。

特徴③ アンドロイドユーザーはICカードが利用できる

AndroidでICカード清算

どのくらい交通費をICカードで使ったのか表示する機能も「MFクラウド経費」にあります。ICカードはアンドロイドデバイスのみ利用可能で、専用のアプリをダウンロードして支出をコントロールすることができます。

スクリーンにICカードをかざすと自動的に使用したカード名、ルート、金額などが記録されます。複数の社員がICカードの支出申請をすることができるので、アンドロイドデバイスを所持していないときは便利です。

ICカードの履歴は最大で20件ですので、使用社員数や外回りが多い場合は、頻繁に申請することをおすすめします。

「MFクラウド経費」の評判・口コミは?

実際「MFクラウド経費」を使用した方の評判を口コミでチェックしましょう。

Google IOの経費申請を通して、マネーフォワードのMFクラウド経費は神だとはっきりわかった。ステマではない。繰り返す。ステマではない。

参考文献:Twitter

MFクラウド経費の入力くっそ簡単だったのに、売上になったらわけわからん(( ༎ຶ‿༎ຶ ))
通帳読み込んだのだけじゃダメなのね?
売掛金て…?((((;゚Д゚))))))
調べたいけど時間がない。
公園行ってきます。

参考文献:Twitter

確定申告書、MFクラウドで作って印刷するとこまでいったのでたぶんいける。(明日出す)
時間でいえば初年度の1/3、労力でいえば初年度の1%ぐらいで済んでる気がする。
慣れと件数の少なさが主な要因だけど、一部の経費はその日に仕訳入力してたのでだいぶ気持ちが楽だった。

参考文献:Twitter

「MFクラウド経費」のメリット3つを解説

「MFクラウド経費」の3つのメリットを紹介します。

メリット① スマホの撮影で簡単領収書申請

「MFクラウド経費」なら面倒な支出申請がワンタッチ撮影で済みます。領収書のインクが消えたり紛失したりするリスクもなくなり、何より手書き申請の手間やミスがなくなるのがメリットです。領収書の整理整頓が苦手な方でも「MFクラウド経費」があれば素早く解決できます。

メリット② クレジットカードや金融機関支払いで自動に明細を記録

クレジットカードや提携サービスカード、口座支払いでは、何も操作をする必要なく自動的に明細を記録してくれます。高額な購入でも、OCRを通すことなく確実に記録されるのでエアチケットやホテルの支払いも安心です。

メリット③ ICカードで共有申請

アンドロイドデバイスに限りますが、「MFクラウド経費」専用ICカードアプリなら共有使用ができます。タイムカードのようにオフィスの入り口に設置すれば、iPhoneユーザーでも難なく使用できます。

「MFクラウド経費」のデメリット3つを解説

デメリット① 仮払い後の差額が表示されない

使用する金額がはっきり推定できないときに、「MFクラウド経費」で仮払い申請をすることができます。しかし実際の支出額と差額が出た場合表示されないので、マニュアル式に算出する手間がかかります。

デメリット② 駅間のルートが自由に変更できない

「MFクラウド経費」では交通ルートを価格、早さ、乗り換え最小限の3つのカテゴリーで絞ることができます。しかしそれ以上希望のルートや経由駅を設定することができないため、誤差のない申請のためにも妥協する必要が出てきます。

デメリット③ 銀行振込先が制限されている

様々な口座に対応している「MFクラウド経費」ですが、銀行振込に関しては、住信SBIネット銀行をはじめ5つの銀行しか対応していません。APIを設定していない郵便局や銀行では通常の振込となります。

まとめ

セルフ経理を快適に行ってくれる「MFクラウド経費」なら、支払いをした瞬間に申請が完了できます。領収書が山積みにならず、経理の方負担も軽くなると同時にトラブルも避けることができます。確定申告も楽になる「MFクラウド経費」は、急速な現代ビジネスのサポートをするおすすめのシステムです。

おすすめの記事